メニュー

舌下免疫療法

スギ花粉症、ダニアレルギーの患者さんを対象に、保険治療で舌下免疫療法を行っています。内服薬や点鼻薬による治療で症状改善が乏しい患者さんでも、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ内服することで、アレルギー反応を和らげる治療法です。約8割の方に効果があると報告されています。

スギ花粉症の場合はスギ花粉を、ダニアレルギー性鼻炎ではダニのアレルゲンを含む治療薬を用います。

治療の開始時期と継続期間

スギ花粉症の場合は、スギ花粉が飛んでいる時期は治療を新たに開始することはできません。
スギ花粉症の「アレルゲン」は「スギ花粉」であり、スギ花粉が飛んでいる時期はアレルゲンに対する体の反応性が過敏になっています。そのため、スギ花粉が飛んでいない時期に治療を開始します。一方、ダニアレルギー性鼻炎の場合は時期に関わらず治療は始められます。治療期間は3年以上が推奨されています。

その後の経過

正しく治療が行われると、スギ花粉症の場合は初めてのスギ花粉飛散シーズンから、ダニアレルギー性鼻炎の場合は治療を始めて数ヶ月後から効果が期待され、年単位で継続することで最大の効果が得られると考えられています。
長期間、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、治療終了後も長期にわたり症状をおさえること、または症状が完全におさえられない場合でも、症状をやわらげ、おくすりの使用量を減らすことも期待できます。

注意点

アレルゲンを投与することから、服用後にアレルギー反応がおこるおそれがあり、まれに強いアレルギー症状が発現するおそれがあります。そのため、初回の内服は院内で行う必要があります。

投与スケジュール

  • スギ花粉症(シダキュア® スギ舌下錠):2,000JAU/日で開始し1週間後に再診。その後は5,000JAU/日。
  • ダニアレルギー(ミティキュア® ダニ舌下錠):3,300JAU/日で開始し1週間後に再診。その後は10,000JAU/日。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME