メニュー

七草は病気知らず

[2020.01.10]

 

スクリーンショット 2020-01-10 17.04.56

こんにちは。事務の勝田です。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

お正月といえばおせち料理、お雑煮など美味しいものを食べゆっくり過ごしてしまいがちですよね。お正月太り・・・なんて方もいらっしゃるのでは??

 

今回は七草粥についてお話しようと思います。みなさんは召し上がりましたか?七草粥は1月7日の人日の節句(じんじつのせっく)の朝に食べる料理です。

人日の節句は、七草の節句ともいいます。古代から七草は邪気を払い万病を除くものとされていました。つまり七草粥はお正月の7日に1年間の無病息災(むびょうそくさい)を願って食べるものなのです。

 

 

お粥はお正月のおせち料理、お酒などで疲れてしまった胃腸を休ませてくれますので無病に貢献してくれます。さらに、お粥に入れた野菜が、不足しがちな栄養素を補ってくれるという効果もあります。このように、いいタイミングで体をやさしく労ってくれるのが七草粥の素晴らしさです。

 

 

七草粥には春の七草がよく使われています。春の七草はそれぞれいろんな効果があり、特に胃腸の回復には適した料理です。七草粥は作り方も簡単なので、ぜひお正月とは限らず普段の食生活で疲れた胃腸を回復させてあげてみてはいかかですか?

スクリーンショット 2020-01-10 17.20.19

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME