メニュー

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が、血液や体液を介して感染する肝臓の病気です。HBVは、感染した時期や健康状態によって、一時的な感染に終わるもの(一過性感染)と、ほぼ生涯にわたり感染が継続するもの(持続感染)とに大別されます。

現在、国内のHBV感染者数は、110万~140万人といわれていますが、そのほとんどが母子感染(垂直感染)によるものです。
以前は輸血による感染もありましたが、1972年にHBs抗原検査が開始されてからは、輸血によるHBV感染者数は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。

我が国の成人における急性B型肝炎の多くは、性感染によるものと考えられています。しかし、性行為によって感染した急性B型肝炎の実数、感染率等については明らかになっていません。

また、HIV感染例においては、HBVとの重複感染になるケースが多く、かつ無症候性キャリア化する傾向にあります。
急性肝炎と慢性肝炎に大別されます。

急性肝炎

感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、全身倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐、褐色尿、黄疸などの症状が出現します。急性肝炎の予後は一般的に良好ですが、約1~2%の患者は劇症化し、一度劇症化すると致死的となることもあります。

慢性肝炎

出産時や乳幼児期にHBVに感染すると、その後数年~数十年間は肝炎は発症せずに、感染したB型肝炎ウイルスが排除されずに体内に残ります。この状態を無症候性キャリアと言います。

その後、思春期以降になると感染者の免疫力が発達し、HBVを異物として認識とみなすようになり、白血球(リンパ球)がHBVを排除しようと攻撃を始めますが、その際に肝細胞も攻撃を受け、肝炎が起こります。一般的に10代~30代の時に一過性に肝炎を起こし、ウイルス増殖の高い状態(HBe抗原陽性)から、ウイルス増殖の低い状態(HBe抗体陽性)に移行し、通常肝機能は安定していきます。しかし、10~20%の方はそのまま慢性肝炎に移行し、その中から肝硬変・肝がんになる方もでてきます。

ワクチン接種のご案内

B型肝炎ウイルスには、感染を未然に防ぐためのワクチンが存在します。稀に、抗体が作られにくい体質の方もいますが、乳幼児期に3回の接種を行った場合、ほぼ全ての人がB型肝炎に対する免疫を獲得することができます。獲得した免疫は少なくとも15年間持続することが確認されています。20歳代までに接種を行った場合も高い効果が期待できます。

ただし、HBワクチンの効果は年齢と共に低下します。例えば40歳を過ぎてからのワクチン接種により免疫を獲得できるのは約80%です

予防接種の流れ

既感染確認検査

既にHBVに感染している方は、ワクチンによる感染予防効果は期待できないため、まずは抗原・抗体検査を行います。検査料金は4,400円(税込み)です。

ワクチン接種

合計3回の接種(初回、1ヶ月後、6ヶ月後)が必要です。ワクチン料金は1回8,800円(税抜)です。

免疫獲得確認検査

3回目の予防接種後から1〜2ヶ月後に、免疫獲得を確認するための抗体検査を行います。抗体が作られた場合に個人差はありますが、約5年間、抗体が残るためB型肝炎ウイルスを予防することができます。検査料金は結果説明まで込みで3,600円(税込み)です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME