メニュー

甲状腺について

甲状腺の位置と大きさ

甲状腺は首の前部、のどぼとけのすぐ下に位置し、重さが16〜20g、大きさが縦4.5cm、横4cmの内分泌臓器です。 正面から見ると蝶の形に似ています。

 

甲状腺の機能

甲状腺は、甲状腺ホルモン(T3、T4)というホルモンを産生し血中に分泌しています。甲状腺ホルモンは全身の臓器や細胞に作用し、生命活動の維持に役立っています。全身の代謝を高めるといったイメージですが、主に3つの役割があります。

・糖や脂質を分解してエネルギーを産生する。

・交感神経を刺激し、体温、脈拍、血圧、発汗、胃腸の蠕動運動を調節する。

・脳・神経・骨の発育を促進する。

 

甲状腺と下垂体の関係

甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)によって甲状腺ホルモン分泌の調節を受けています。甲状腺の異常によって、血中の甲状腺ホルモンが増えたり減ったりすると、下垂体はTSH産生を逆に減らしたり、増やしたりして、体内の甲状腺ホルモンを一定に保とうとします。また、甲状腺が正常だとしても脳下垂体に異常が起こると、結果として甲状腺ホルモンの分泌も亢進・低下し、血中の甲状腺ホルモンに異常が起こることがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME