メニュー

橋本病(慢性甲状腺炎)

橋本病とは

甲状腺に慢性的に炎症が起こる病気で慢性甲状腺炎とも呼ばれ、自己免疫性疾患の一つです。炎症の結果、甲状腺ホルモンのバランスが悪くなる場合があります。成人女性の約7~8人に1人が橋本病の素質をもっています。橋本病における甲状腺機能は、6割は正常ですが、4割は低下または一時的に上昇することがあります。

症状

機能低下の場合は、なんとなく元気が出ずに、朝起きづらい、仕事が手につかないなどの症状や、下のように様々な症状をきたします。

首が腫れる 気力が出ない
食欲がない 体重増加
寒がり 声がかすれる(嗄声)
顔や手足が浮腫む 便秘
皮膚が乾燥する 抜け毛が増える
不妊  流産


橋本病の診断

  • びまん性甲状腺腫大
  • 超音波で甲状腺のエコー輝度低下
  • 甲状腺刺激ホルモン(TSH)高値
  • 橋本病関連抗体価陽性

橋本病の検査

血液検査でTSHと甲状腺ホルモン(FT3、FT4)を調べます。脳下垂体がTSHを分泌し、この刺激によって甲状腺がFT3、FT4はTSHの刺激(調節)を受けて、甲状腺から産生されます。

橋本病の治療

甲状腺ホルモンの補充療法を行います。最もよく使う薬が「チラージンS」というホルモンです。少量から始め、TSHが正常値になるまで増量していきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME